トップページ > 上方舞 > 上方舞とは|舞姿(Photos)舞の心


地唄 「珠取海士」 吉村桂充

 「上方舞」は日本舞踊の一種で、「座敷舞」「地唄舞」などとも呼ばれる。江戸時代後期(19世紀前半)に、京都の御殿舞から生まれ、京都と大阪で発展した。こうして「舞」は、京阪の子女が嗜みとして学ぶものとなる。東京でおこなわれるようになったのは、昭和に入ってからである。
 「上方舞」には、山村、井上、楳茂都、吉村という四つの主要な流儀がある。尚、地唄舞の名手として知られた武原はんは、大阪で山村流に学び、東京で独自の舞を発展させた。
 吉村桂充が属する吉村流は、維新前の京都で生まれ、明治時代に大阪南地で発展し、戦後東京に進出した流儀である。その舞は、御殿舞に能や人形浄瑠璃を加味し、座敷風な良さを生かして、まったりとした艶物の女舞の伝統を育んできた。
 「上方舞」の「舞」は、江戸(東京)で発展した「踊り」すなわち華やかな舞台舞踊(歌舞伎舞踊)とは大きく異なり、座敷舞として、繊細な動きの中から心の内面を色濃く浮かび上がらせるという独自の芸風を持つ。たとえば、舞台の左右に火がともされた燭台が置かれるのは、本来は座敷で舞がおこなわれていたことに由来する。
 代表的なレパートリーには、「本行物(能採物)」「艶物」など多種多様な作品がある。尚、「本行物(能採物)」は、男性がおこなう能を女性の舞に取り入れた作品。「艶物」には、廓の女性の情念、切ない女心を舞うものが多い。

(関根敏子 記)


地唄 「虫の音」 吉村桂充

上方唄 「三国一」 吉村桂充

トップページ > 上方舞 > 上方舞とは|舞姿(Photos)舞の心